それって本当にwebコンサル?

高校時代に同級生だった奴とバッタリ会いました。そいつ、僕の顔を見るなり「よう、久しぶりだな。どうせお前のことだから下らないバイトでもしてるんだろ?俺なんかwebコンサルだぜ!」なんて言ってきました。「へーえ、どんなことをしてるんだ?」と聞くと「ホームページを作ったりしてるぜ、他にもロゴマークを作ったりするんだ」と大威張り。

その言葉におかしくなって「それは単なる外注で制作会社だろう!本当のwebコンサルはな、状況把握や市場調査、商品の強みや弱点を分析しどう売り上げに生かしていくかを考えたり、時には企業の経営にまで入り込む仕事なんだよ!」とつい言ってしまいました!真っ赤になって殴ってこようとしたから「俺、強いけど良いの?」と言うと「覚えてろよ!」と捨てゼリフを吐いてどっかに行っちゃいましたね。ま、本当は弱いんですが。

なぜwebコンサルについて知っているかというと、嫁さんがその仕事をしているんですよね。つい最近「誰でもかれでもwebコンサルって掲げてるけど、ただの制作会社なのよ!部品パーツ係なのに!本業からすると頭に来る!」と怒ってたんですよね。例えばこれが「SEO承ります」と書いてるんなら怒らないんですが。

だからもし「webコンサルにお願いしたいなー」と思う人がいたら、単なる外注じゃないかを見極めて欲しいと思いますね。実は、うちの会社も嫁さんの所に頼んで売り上げアップしたんです。見極めって大切ですね!